有意義な時間でした! 仁川空港の5時間トランジットツアーに参加 その2

バスで仁川空港から出発

集合場所のツアーデスク前に行くとツアーに参加する人達がちらほら集まっていました。このツアーに参加する人は約15人くらい。思っていたよりも多かったです。

ツアー参加者には缶バッジが渡され、このバッジを見えるところに付けるよう言われました。

ツアーの後、このバッジはもらえるので良い記念になりました。

スポンサーリンク

仁川空港→ソウルタワー→明洞→仁川空港

バスに乗ってからガイドさんから案内があります。ガイドさんは英語で話しますが、ゆっくり分かりやすく話してくれるので良かったです。

このツアーは最初にソウルタワーに行って、その後明洞に移動し、仁川空港に戻るという旅程とのこと。

13時から18時のツアーですが、予定通りに行けば17時過ぎに仁川空港に戻るという話でした。ぎりぎりだと危ないので余裕を持ったスケジュールになっています。

ソウルタワー

仁川空港からソウルタワーまではだいたい1時間くらい。ひと眠りできるくらいのちょうど良い時間でした。

バスは最後に小高い丘を昇ってソウルタワーに到着です。12月なので外は寒く、木々もちょっと寂しい感じです。

バスを降りてからタワーの下まではかなり急な坂を上がっていかなければなりません。なかなか大変ですがゆっくり登って行きます。

タワーの下から見上げるとこのような感じです。タワーというものはやはり遠くから見るものですね。

エレベーターでタワーを上がると展望室があるようですが、タワー自体が丘の上にあるので展望室に行かなくても良い景色を見ることができます。

ソウル市内の景色を一望できます。どんよりとした曇り空ですが、良い眺めでした。

眺めを楽しんだ後は周りをちょっと散策します。と言っても、大したものはありません。バスに戻るとちょうど良い時間でした。

ソウルタワーは自分で行くには物足りないですが、連れて行ってくれる分には良いところでした。

明洞市内へ

ソウルタワーに続いて明洞市内に向かいます。ソウルタワーから明洞はすぐです。

明洞では2時間弱のフリータイムが与えられました。最初はガイドさんが明洞のユニクロがある場所まで案内してくれ、そこで解散。再集合の場所はバスです。

明洞は2回目なのですが、前回はかなりの人混みだったのでその印象を持って行ったのですが、冬だからか思っていたよりも人が少ないです。

街はところどころにクリスマスの飾りつけがしてありました。

せっかく韓国に来たので本場の韓国料理も食べたいということで歩きながらお店を探し、このお店にたどり着きました。

ダッカルビのお店「Yoogane」

「Yoogane」は他のお店と比べると、明らかにたくさんのお客さんでにぎわっていて活気があったので、このお店に決めました。

このお店のメニューには日本語も書いてあるので助かります。ユガネダッカルビというお店の名前がついているダッカルビを注文しました。

ここでは店員さんが目の前の鉄板で調理をしてくれます。野菜にも火を通さないといけないのでちょっと時間がかかります。

かき混ぜる度に赤い辛みの部分が全体に広がっていきます。

ようやく完成。さっそくいただきます。

感想はとにかく辛い!

出来たての熱さがさらに辛さを助長します。

ただ、その辛さが結構クセになる辛さで、箸が進んでいきます。

韓国らしい辛くて美味しい料理を食べることができ満足でした。

17時半頃に仁川空港に到着

予定の時間になったのでバスに戻ります。

買物をするわけではないのでこれくらいの時間で十分でした。一組のラテン系の家族が遅れてきたので、空港への出発が遅れましたが、17時半には空港に戻ることができました。

過ぎるとあっという間でしたが、それだけ充実した時間が過ごせたと思います。

仁川空港でもそれなりに時間をつぶせるとは思いますが、このトランジットツアーに参加して、とても良かったです。