フィジー旅行記 10 シュノーケリングツアーとLOVOの準備

マタマノア 3日目の朝

早いものでマタマノアも3日目です。今日は午前中のシュノーケリングツアーに参加する予定です。天気が良くなければ見合わせるところですが、晴れだったので良かったです。

本日の「Water Sports」のスケジュールです。シュノーケリングツアーは11:15からです。

今日はその他にもフィッシングやダイビングの予定もあるようです。

そして、ウォータースポーツ以外のアクティビティについてのスケジュールはこのようになっています。毎日違うので楽しいです。

スケジュールをチェックしてからレストランで朝食。

いつもの朝食メニュー。クロワッサンとハムが美味しいです。シュノーケルが11時15分からなので朝食の時間には余裕があります。

最後に紅茶を飲んでゆっくり過ごしました。

スポンサーリンク

GUIDED SNORKEL TRIP

レストラン下にマリンセンターがあるので、そこで当日のシュノーケリングツアーの参加申し込みをしました。

当日でも予約できるので天候を見て、申し込むかどうか決めることができます。

集合時間にマリンセンターに行くと、どうやら同じ日に到着した中国人達6人もツアーに参加するようです。集合時間に来て受付をしているので、結構待たされました。

さて、気を取り直して出発です。浅瀬に浮かんでいる小さなボートまで歩いていって乗り込みます。

そして沖へ向かって発進。午前中は海も穏やかです。そして、ボートは昨日シュノーケリングをしていたあたりで停まりました。ここでシュノーケリングをするようです。

2人のガイドさんが一緒にシュノーケリングしてくれました。雲が多かったので、水中はやや濃い目の青です。

サンゴには魚がいっぱい集まっています。

それ程大きくないのですがサメも出現。おとなしいので大丈夫とのことですが、間近で見るとちょっと怖いですね。

ガイドさんが深くまで潜ってサンゴの写真を撮ってきてくれました。珍しいサンゴなのでしょうか。彼らは救命用具をつけていないので深くまで潜ることができます。

そんなこんなであっという間に1時間過ぎました。自分達でも行けるところでのシュノーケリングだったので、わざわざ申し込むことはなかったかなと思いますが、こればかりは参加しないことには分かりません。

もし良ければ明日も申し込もうと思っていましたが、必要無さそうです。

Preparation of LOVO

シュノーケリングツアーから帰ってきて、おなかがすいていたので今日はランチを食べることにしました。

メニューを見ていると、「LOVO」「LOVO」とスタッフが呼んでいる声がします。何かと思いましたが、今日のディナーで食べる「LOVO」という料理の準備をするとのことです。

後から確認したところ、黒板のスケジュールにも12:45 にPreparation of LOVOと書いてありました。

LOVOが何たるか分かりませんが、昼食は後回しにして、行ってみることにしました。

フィジーの伝統料理「LOVO」

LOVOというのはフィジーの伝統料理で、地面に置いた石を熱して葉で包んだ肉や野菜などの食材を加熱するという料理とのことです。

呼びかけに反応して、集まったのは自分達を含めて数人だけでしたが、LOVOの準備は着々と進められます。

石を火で加熱しています。かなり熱そうです。

その上に食材が置かれていきます。

別の場所では鶏肉をアルミホイルで包み、それを再度バナナの葉で包んでいます。なかなか立派な鶏肉です。

最終的には葉でしっかり包まれます。仕事が丁寧です。

その鶏肉も先ほどの食材と同じように石の上に置かれます。芋は普通にむき出しのままです。

最後はその上から土を被せて終了です。15時半に完成するので、またその時間に来るように言われました。試食ができるそうで、楽しみです。

ちょうどタイミングよくLOVOの準備を見ることができてラッキーでした。出来上がる時間にまた来ることにします。

続く