名古屋栄のラシックにある「八十八商店」での鯛めし以外のランチ

スポンサーリンク

八十八商店でのランチ

名古屋栄のラシック7階にある鯛めし料理店「八十八商店」でランチを食べてきました。

ラシックに入っているお店は昼頃になるとどの店も混んでいます。この八十八商店もご多分に漏れず、いつも混んでいるので11時半前に行ったので待たずに入ることができました。

帰る時には待っている人がたくさんいたので、早めに行って良かったです。

八十八商店の名物は鯛めしで、以前に食べて美味しかったので再訪問に至ったわけですが、今回は違うメニューも試してみたいと思いました。

特盛 鶏たつた揚げ定食

特盛 鶏たつた揚げ定食1,450円です。鶏たつた揚げがメインの定食で、数種類の副菜、ご飯、味噌汁、漬物がついています。

特盛 鶏たつた揚げ定食は通常の鶏たつた揚げ定食よりもたつた揚げの量が多くなっています。これだけあれば大満足です。

ジューシーな鶏肉と味付けのしてある衣が良く合っていて美味しかったです。

鯛茶漬け定食

鯛茶漬け定食1,350円です。

鯛めしを食べた時、鯛茶漬けも気になっていたので、念願の鯛茶漬け定食です。

こちらの鯛をご飯に乗せてお茶漬けにします。薬味もお好みで乗せます。

鯛茶漬け、美味しかったです。竜田揚げも美味しいのですが、普通に美味しいという感じです。

やはりこのお店は鯛のお店。鯛めしか鯛茶漬けの方が良いと思いました。今度来た時もどちらかにすると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする