札幌で海鮮の丼を食べるなら二条市場の「魚屋の台所」

朝食から豪華な海鮮丼

札幌で食べたいものと言って、まずあがるのが海の幸でしょう。なかなか普段食べることのできない美味しい海の幸を豪快に食べるのが北海道旅行の醍醐味です。

海の幸の中でも海鮮丼の豪華さといったら他に並ぶものがないくらいの一品です。

札幌市内でアクセスしやすい二条市場に美味しい海鮮丼が食べられるお店があります。その名も海鮮処「魚屋の台所」です。

スポンサーリンク

二条市場 海鮮処「魚屋の台所」のれん横丁店

まずは基本情報から。

住所:北海道札幌市中央区南3条東1丁目 のれん横町1階
電話番号:011-251-2387
営業時間:7:00-17:00

「魚屋の台所」は路面に看板が出ており、そこから路地を入っていたところにあります。最初はちょっと分かりにくいかもしれませんが、二条市場自体は広くないので一周すれば分かると思います。

豊富なメニュー

メニューは丼物中心です。丼以外に一品物もあるので、好みに合わせて注文できます。

このお店の特徴はなんと言ってもウニでしょう。北海道産のバフンウニをいただくことができます。

全てウニだけの丼もできますし、カニやイクラなどと半分ずつにすることもできます。

その他にも色々な組み合わせの海鮮丼を注文することが可能です。

ウニの美味しさ とろけます!

一番好きなのはウニなのですが、カニも好きなので、まずはウニカニ丼を注文。

余すところ無くウニとカニが丼に盛られています。

食べてみると美味しいことこの上ありません。特にウニです。甘みというかコクというか上手に表現できませんが、とにかく美味しいです。

カニもウニに負けじと良いアクセントになっていました。

そしてこちらはサーモン親子丼。サーモンといくらの丼です。

これも素晴らしい美味しさです。サーモンの脂の乗り具合といくらのはじけるような旨さが絶妙でした。

2日目はウニのみの丼に

2日続けて朝食を魚屋の台所で食べることにしました。二条市場には他にも海鮮丼が食べられるお店がありますが、失敗はしたくないので魚屋の台所で食べることにしました。

今日はウニのみの丼にしました。思い残すことなく美味しいウニを味わいたかったからです。

このウニ丼食べ方があるらしく、ウニをつぶしてご飯とかき混ぜて食べると旨みがしみこんで美味しく食べられるとのこと。

早速やってみましたが、なるほどこれは美味しいです。醤油をスプーンに軽くつけて、醤油の味が濃くなりすぎないようにするところがポイントのようです。

ホタテもいただきました。風味がよく出てくる前から美味しそうなにおいがこちらに伝わってきました。実際食べてももちろん美味しかったです。

そして、こちらはホタテサーモン丼にぼたん海老をトッピング。

この組み合わせもとにかく豪華。ホタテもサーモンもぼたん海老も最高です。

あら汁もおすすめ

丼には味噌汁がついてくるのですが、追加料金であら汁に変更できます。

初日は味噌汁にしましたが、2日目はあら汁をいただきました。これが予想以上の美味。

この美味しさには驚きました。やっぱり出汁が良いのでしょうね。今度来たときも絶対にあら汁にすると思います。

魚屋の台所 感想

二条市場はアクセスしやすい便利な場所にあるので、散歩がてら朝食を食べに来るにはぴったりです。

魚屋の台所の海鮮丼にはハズレがなく、何を食べても美味しいです。今度札幌に来るときもまたここに来ると思います。