大分観光 バスで別府の地獄めぐり その2

スポンサーリンク

鉄輪地区で5か所の地獄めぐり

亀川地区で血の池地獄と竜巻地獄という2か所の地獄を周った後は残り5か所の地獄がある鉄輪地区に移動します。

バスは1時間に約2本くらいだったので少し待ちましたが無事乗車し、鉄輪に移動しました。

鉄輪のバス停からは色々な方面へのバスの経由地になっているので混雑していました。バス停から坂を上がれば、5つの地獄が待っています。いずれも徒歩圏内です。

白池地獄

まず最初にたどり着くのが白池地獄です。

白池地獄は文字通りの白い温泉です。温泉の温度は95℃という高温の湯だそうです。見た目ではこんなに高温とは分かりません。

敷地内にはピラニアが入っている水槽が展示してあります。異様な感じでした。

白池地獄はこじんまりとしていて、7つの地獄の中で最も滞在時間が短かったです。

その分、人が少なくてゆったりできました。

鬼山地獄

次は鬼山地獄です。

この地獄の特徴は何と言ってもワニがいることです。別名ワニ地獄ともいわれているそうです。

中には鬼がいました。写真では伝わりづらいですが、結構大きかったです。

入るとすぐにもうもうと湯気を立てている温泉があります。近くに寄ると熱さを感じます。

そこを過ぎるとワニの飼育ゾーンに。何匹いるのか数えきれないくらいいます。飼育員がエサをあげる時間帯は活発に動くようですが、行ったのはエサをあげる時間ではなかったので、どのワニもじっとして動きません。

ワニがそんなに好きなわけではないので早々に鬼山地獄を後にしました。

かまど地獄

かまど地獄は、昔、祭りの際に地獄の噴気でご飯を炊いたという習わしから名付けられた地獄です。

かまど地獄には何種類かの温泉があり、食べるところもあるのでかなり混んでいました。特に韓国からの旅行者が多く、大変な賑わいでした。

泥状の地獄や

青色の地獄、


赤色の地獄など色々な地獄がありました。

タバコの煙を吹きかけると湯気がもうもうと立つという芸もやっていました。

海地獄

海地獄はその名の通り青色の地獄です。

とてもきれいな青色をした地獄です。色だけ見ると熱くなさそうですが、実際は100℃近いそうです。

中には水連がある広い池もあり、きれいな庭園といった雰囲気もありました。

鬼石坊主地獄

最後は鬼石坊主地獄です。

この鬼石坊主地獄は球状にぶくぶくと沸いているところが坊主頭に似ているということで名付けられた地獄です。

写真で上手く撮ることができませんでしたが、真ん中の部分が球状に沸いています。

他の地獄とは全然違うユニークな地獄でした。

別府地獄めぐり 感想

別府にある7つの地獄を周ってきました。どの地獄も特徴があり、興味深かったです。別府に来たら地獄めぐりはするべきと思います。

地獄は2か所に固まっていて回りやすく、どちらのゾーンもバスで行くことができるので旅行者にも優しい観光地でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする