フィジー旅行記 9 Fijian Cultural Show

スポンサーリンク

マタマノア 2日目のディナー

本日2回目のシュノーケリングを終えた後、ディナーに向かいました。昨日の夕食、今日の朝食に続いて、このレストランも3回目なのでだいぶ慣れてきました。

英語のメニューなので来てからのお楽しみという感はありますが、美味しそうなものを選んで注文をしました。注文をして、しばらくすると太鼓の音が聞こえてきました。

TORCH LIGHTING

何だろうと外を見ると松明を持った人が歩いています。

トーチに火をつけるというセレモニーでした。後から黒板に書いてあるスケジュールを見てみると18:45から「TORCH LIGHTING」となっていました。

全部火をつけ終わった後に、せっかくなので近くに行って一緒に写真を撮ってもらいました。

まだ薄暮の時間帯ですが、暗くなるとこの松明が良い雰囲気を作ってくれそうです。

前菜

今日は前菜を注文しました。「Thai Beef」という名前のメニューです。

ローストビーフがメインでカシューナッツ、野菜、麺が合わさったメニューです。チリソースがかかっていました。

ちょっとピリッとしている所が良いです。ローストビーフも柔らかくて美味しいです。

今日は赤ワインも頼みましたが、この前菜はぴったりでした。

「BULA!」「ENJOY!」と書いた紙をワインに巻いて出してくれました。こういうのは嬉しいですね。「BULA」というのはフィジーの挨拶で、英語でいうHelloです。リゾート内でも人に会った時は「BULA」と挨拶します。

ワインもなかなか美味しいです。それ程高くもないので、明日からも頼もうかなと思います。

メイン

「Black Angus Steak」というメニューです。サーロインステーキですね。

かなり分厚いステーキです。ジューシーで焼き加減もばっちりです。日本で食べるようなステーキとはまた違う美味しさがあります。牛肉らしい美味しさという感じでしょうか。

こちらは「Lemon Honey Chiken」です。牛肉と一緒でこちらも引き締まった感じの鶏肉です。味付けが好みだったので美味しく食べることができました。

デザート

「Death by Chocolate」というメニューのデザートを頼みました。チョコレートケーキとチョコレートアイスクリームのセットです。

「Death by Chocolate」という名の通り、かなり濃厚で甘いチョコレートです。基本的に甘いものは大好きなのですが、これにはちょっと参りました。やっぱり日本とは違うようです。

料理とワインでお腹いっぱいになり、今日の夕食も大満足です。

Fijian traditional dance performance


今日は20時50分から「Cultural Show」というアクティビティが予定されています。夕食を食べ終わったのがちょうど良い時間だったので、これを見ていくことにしました。

こちらは夏の気候なのですが、12月ということでクリスマスツリーが飾られていました。クリスマスというと冬のイメージがあるので変な感じです。

さて、いよいよ「Cultural Show」の始まりです。ショーはバーの前にある広場で行われます。周りに椅子がセットされ、そこに観客が座ります。

迫力あるダンスと歌のショー

民族衣装を身にまとったスタッフの人たちが登場。生歌からショーが開始になりました。ハーモニーがきれいで、声量が素晴らしいです。

そしてダンスもすごいです。間近で見ることができるのですごい迫力です。リズムが良いので、見ている方も乗ってきます。

予想以上のパフォーマンスに時間が経つのを忘れていましたが、終わった時には1時間も過ぎていました。

今まで見たことのないフィジーの伝統的なダンスと歌のショーを見ることができ、本当に楽しかったです。

続く