2代目剪定用のこぎりにゴム太郎を選定 天寿との比較

天寿の刃が曲がってしまいました

半年くらい剪定用のノコギリとして「天寿」を使っていましたが、とうとう刃が曲がってしまいました。

使っているうちに切れが悪くなってしまい、余分な力がかかってしまったのが原因でしょうか。とっくにこの刃は寿命が来ていたのかもしれませんが、素人が剪定する分には何とかなっていました。

しかしこのように刃が曲がってしまってはさすがに使い続けるわけにはいきません。

天寿は使いはじめにレビューした通り、軽くて切れ味も良く、とても使いやすいのこぎりでした。

ガーデニング初心者の剪定用のこぎりレビュー 切れ味良好 藤本産商の天寿
今までガーデニングなどしたことがなかったのですが、転居を機に庭の手入れを趣味にしようと始めてみました。道具も持っていないので、一つずつ購入し...

天寿には不満も無く、替え刃を購入するという選択肢もありましたが、せっかくなら違うのを試してみたいと思いました。

スポンサーリンク

シルキー ゴム太郎 細目240mm

今回選んだのはシルキーという会社が出している「ゴム太郎」という剪定用ノコギリです。

刃の長さは前回と同じ240mmにしました。メイドインジャパンの商品です。

刃の長さにしては鞘が大きくて立派な感じです。鞘からのこぎりが簡単に落ちないような工夫がなされていました。

回転ローラー+ロック構造ということで、のこぎりを取り出すのにちょっと力が要りますが安全のためには良いのでしょう。

ゴム太郎と天寿を比較

同じ240mmののこぎりですが、並べてみるとだいぶ雰囲気が違います。

刃の横幅、厚さはゴム太郎の方が厚いです。ホームページで見た仕様によると、ゴム太郎は刃厚1.2mm、天寿は0.6mmだそうです。

グリップの厚さもゴム太郎の方が厚いです。私は手が大きい方なのでゴム太郎のグリップの方が手にしっくりきました。

ただ、天寿のグリップは指の並びに合うような形状になっているので、これはこれで使いやすいと思います。

さっそく切ってみました

さっそく庭の木を切ってみました。なんとビックリ。直径20cm程の枝があっという間に切れてしまいました。かかった時間は30-40秒くらいでしょうか。

その後も太い幹や枝を切ってみましたが刃厚が天寿よりも厚い分、力が入りやすくなかなか良いです。

天寿は使い始めの頃から、ちょっと太い枝を切る時に刃が詰まってしまう感じがありました。これはテクニックの問題かもしれませんが、ゴム太郎の方がパワーを伝えやすく、自分には合っていそうな気がしました。

新しいのこぎりに変えて、剪定が楽しみになってきました。ゴム太郎をどんどん使ってみたいと思います。