日本料理「鄙茅(ひなかや)」 離れの個室で素晴らしい昼食

スポンサーリンク

伊勢宮川の里「鄙茅(ひなかや)」

以前から行きたかった「鄙茅」に行くことが出来ました。アクセスするのが難しい分、周りの景色や雰囲気が最高でした。

まずは鄙茅の基本情報から、

住所:三重県多気郡多気町相鹿瀬615
電話番号:0598-39-8080
営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00

伊勢自動車道の勢和多気で降りて、そこからは一般道を走ってお店に到着しました。

のどかな風景が広がっています

お店は周りに何も建物が無いような所にぽつんとあります。少し離れた駐車場からあぜ道を歩いて向かいます。

せっかく遠くまで来て、満員で入れないと困るので事前に予約しました。

そして、案内されたのが離れにある個室。とても素敵な雰囲気です。

お部屋から見る山と川の景色ものどかで、気持ちが安らぎます

空気もとてもきれいです。自然を感じるだけでも来た甲斐があります。

ランチ 素材も技術も素晴らしい!

ランチメニューは2,800円から10,000円まで5段階あるのですが、今回は5,000円のコースを選びました。

先付は春キャベツと貝柱。美味しいだけではなく、盛り付けや器も綺麗です。

続いては鯛の葛打ちの椀物です。

お造りはイサキ、紋甲イカ、ブリの3種。添え物のセンスも良いです。

次にウニとヨコワマグロの一口丼。これが絶品でした。

八寸は春若芋、麩、春野菜の白和え、もずくの酢の物、イイダコ ひじきのソース、鰹胡桃、青柳貝です。

盛り付けがとてもきれいで食べるのがもったいないと思ってしまう程です。

一つ一つの料理が丁寧できめ細やかに造られています。たくさんの料理を楽しませていただき、嬉しい限りです。

焼き物は鮭です。

この鮭がまた立派な鮭でした。味の付け方も絶妙で美味しいかったです。

ご飯は新玉ねぎと桜エビとグリーンピースが入ったもので、これがまた美味でした。

漬け物、

味噌汁、

全てが上質な和食料理です。

そしてデザートのよもぎ餅

今までの料理の最後を飾るにふさわしい美味しさでした。

「鄙茅」是非また来たいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする