ガーデニング初心者の園芸グッズレビュー 軽くて丈夫「金象印 かるーい象ショベル」

今までガーデニングなどしたことがなかったのですが、転居を機に庭の手入れを趣味にしようと始めてみました。もちろん道具も持っていないので、一つずつ購入しなくてはなりません。今回はショベルを購入です。

スポンサーリンク

浅香工業の金象印のシャベル

本来なら園芸を専門にしているお店に行くのがよいのでしょうが、その日にすぐ使いたかったので近くのカーマに行きました。

カーマには他の用事で何回か行ったことがあるのですが、園芸コーナーは初めてです。思ったよりも広く、シャベルもたくさんの種類のものが置いてありました。

価格帯は1,000円~3,000円です。四角いものや先が尖ったものなど形も様々です。見た目だけでは分からないので、一つ一つ手に取ってみました。

柄の部分を持った感触はそれぞれ結構違います。その中でしっくりくるものが一つありました。それが金象印の「かるーい象ショベル」です。

金象印の「かるーい象ショベル」の良いなと思ったところ

  • 軽さ
  • かるーい象という名が示すとおり、他の製品と比べ圧倒的に軽く感じました。通常の商品と比べ25%軽いとのことです

  • デザイン
  • 柄が木製ではなくスチール製というデザインが気に入りました。

  • 日本製
  • 中国製品が多い中、金象印は日本製でした。できれば中国製は買いたくありません。

  • 価格
  • 約1,700円と比較的安価でした。初心者なので、最初から高すぎる商品を購入するのは避けたいところでした。

という理由でこのシャベルを購入しました。

後から調べてみると、この「金象印のシャベル」を製造している浅香工業という会社は1661年創業で、日本で初めてシャベルやスコップを国産化した老舗で、この道のトップの会社だったようです。

シャベルを使用してみました

他のシャベルを使ったことがなく比較はできないので評価は絶対的な評価となります。

軽くて良かった

使用してみて一番の感想は「軽くて良かった」。これに尽きます。庭の手入れもやり始めるとおもしろくて熱中してしまいます。3~4時間ぶっ通しでシャベルを使って作業をすると、やはりかなり疲れます。

ただ、この「かるーい象」だからこんなに連続して作業できますが、もっと重いシャベルだったらこれ程長く作業はできなかったと思います。

重いシャベルにはそれ相応の利点があるかもしれませんが、ビギナーには軽い方が絶対良いと思います。疲れてしまうとそれだけで嫌になってしまうかもしれませんから。

とても丈夫です

これは使ってみないと分からなかったところですが、このシャベルは丈夫です。硬い土や木をシャベルで掘り起こすときに、折れたり曲がったりしないだろうかと思うくらいの負荷をかけて使いましたが、柄の部分もヘッドの部分もびくともしません。

柄とヘッドの部分に継ぎ目が無い作りが良いのでしょうか。とにかく丈夫です。

ヘッドの先端は鋭く切れ味が良いです

ヘッドの先端のとがった部分の切れ味が良いので、硬い土に刺すときも便利です。土を運ぶときには四角のほうが便利かもしれませんが、どちらか1種類を選ぶなら先端が尖ったタイプでよかったと思います。

最後に

素人目線で選び購入した「金象印 かるーい象ショベル」ですが、とても良い買い物でした。今のところ大活躍しています。これから長い付き合いになりそうです。

浅香工業 金象印 かるーい象ショベル丸形

新品価格
¥1,930から
(2016/4/15 19:30時点)