料亭「長坂」 いろり料理のランチコースに大満足!

スポンサーリンク

名古屋市千種区にある「長坂」

名古屋市千種区、覚王山の駅から日泰寺への参道を歩き、寺の西側の住宅街に「長坂」はあります。

駐車場は5台程用意されているので車で行っても大丈夫です。ただ、一方通行が多い地域なので、事前にルートを調べておいた方が安心です。

外観

周りは普通の住宅が並んでいる地域にお店はあります。とても静かで良い場所です。

お店は以前、住居だと思われるような作りです。住宅街にありますが、周りに溶け込んでおり、落ち着いた雰囲気です。

「長坂」は全室が囲炉裏つきの個室で、前日までの完全予約制となっています。

「長坂」のランチコース

お昼のコースは4,800円です。

部屋に入ると既に囲炉裏に火が入っており、鮎とじゃがいもが用意されていました。

予約時間の1時間以上前から炭に火を入れて準備されていたそうで、火力は十分な状態です。

部屋はクーラーと換気扇がしっかり稼動しており、食事中暑さや煙たさは思っていたよりも感じませんでした。

鮎、じゃがいも

鮎は大好物なので、いきなりの登場にテンションが上がります。

じっくりと両面焼き上げてからいただきます。塩で味付けがされているのですが、片面はおすすめの自家製味噌を塗ってもらいました。

鮎は塩で食べるのが好きなのですが、味噌で食べるとそれ以上に美味しく新しい発見でした。

じゃがいもも囲炉裏で火を通して食べると本当にホクホクで美味しいです。バーと抹茶塩が用意されていたので、両方でいただきました。

松茸

次は松茸です。なかなか食べる機会が無いので嬉しいです。

しっかりとした松茸で風味が素晴らしいです。この風味は松茸ならではです。

牛肉

続いては牛肉です。自分の好きな焼き加減で調節します。

この牛肉がまた素晴らしいお肉でした。かむごとにお肉の旨みが口に広がる、そんな感じのお肉でした。

刺身

牛肉を焼いている間にお刺身をいただきました。

鯛とまぐろの赤身とトロです。焼き物だけでなくお刺身も美味しいです。「長坂」は一つ一つの料理が丁寧に作られているということを感じます。

豆腐

牛肉の次はお豆腐です。

鮎のときに使った味噌とぴったり合います。

ズッキーニの豚肉巻き

大きくてりっぱなズッキーニを豚肉で巻いたものです。

仕上げに両面に特性の醤油だれを塗ってくれます。豚肉よりもしっかり焼いていただきます。

豚肉の濃厚な旨みとさわやかなズッキーニの味との調和が良いです。

海老真薯

海老真薯の椀物です。蓋を開けたときに出汁の良い香りがぱっと広がります。

細やかな味わいがとても良いです。

鮭の西京焼き

鮭の西京焼きです。

皮をじっくり焼いてぱりっとさせてみました。西京焼きは大好きなので嬉しかったです。

お揚げ

中にチーズやねぎが入ったお揚げです。今までのものよりもさっと火が通ります。

濃厚でたっぷり入ったチーズとお揚げのからっとした歯ごたえが美味しさを引き立てています。

蟹ご飯

最後に蟹ご飯です。この蟹ご飯、蟹がたっぷり入っています。

料理がこれだけでも十分なくらいクオリティの高いご飯です。おなかいっぱいでなければ何杯もお替りしていたと思います。

デザート

杏仁豆腐とゼリーのデザートです。

杏仁豆腐にはブドウのシャーベット、ゼリーにはキウイとスイカが付いていて口の中がさっぱりします。

最後にぜんざいと抹茶でコースの料理は終了です。

「長坂」のいろり料理 感想

一つ一つの料理が美味しく、無駄なものがありません。料理もたくさんでおなかいっぱいになりました。

お店の雰囲気や店員さんも良くて、大満足のランチでした。季節を変えてまた来たいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする