フィジー旅行記3 マタマノア・アイランド・リゾートに到着です!

フェリーで1時間半

ポート・デナラウからフェリーでマタマノア・アイランド・リゾートへ向かいます。もっと小さめなフェリーを予想していましたが、思っていたよりもしっかりとしたフェリーでした。

内装もとてもきれいです。よくよく考えてみれば、1時間半も乗るのだし、これからリゾートへ行くというのだからこれくらいのフェリーでも当たり前なのかもしれません。

フェリーの2階から見たポート・デナラウです。フェリーは2階立てになっていて、1階は中、2階は外に座席があります。天気が良かったので、2階に座りました。

港から見えたリゾートです。思ったより広そうに見えました。

出航後、フェリーは加速していきましたが、多少波を越える時に揺れたりはしますが、船酔いする程ではありません。

冬の日本から来たので、このフィジーの太陽と風がとても気持ちが良いです。

途中で何か所か他のリゾートに寄っていきます。大きめのリゾートから小さめのリゾートまで、色々あるようです。

沖の方に来ると、海の色もだいぶ変わってきます。

透き通ったブルーがとても綺麗です。リゾートで泳ぐのが楽しみになってきます。

スポンサーリンク

Matamanoa Island Resort

長旅の疲れも出たのか、途中うつらうつらしていた時間もあったので、フェリーに乗っている時間は短く感じました。

いよいよ、マタマノア・アイランド・リゾートに到着です。

マタマノアの海岸は遠浅なので、大きなフェリーは直接、リゾートに乗り付けることができません。小さなボートに乗り換えて、マタマノアに向かいます。

写真に写っているのが小さいボートです。最終的には靴や靴下も脱いで、素足になってボートから降り、水の中を歩いていきます。

歌でお出迎えしてくれます

到着するとスタッフの人たちが歌を歌って出迎えてくれます。とても上手です。マタマノアではとにかく色々なタイミングで歌ってくれます。帰る時は、この歌がもう聞けないかと思うと寂しくなるくらいでした。

それからウェルカムドリンクをいただきました。ハンドメイドのネックレスもかけてくれました。

同じフェリーでこちらに着いたのは私達以外に6人。みんな中国人で、1組のカップルと1組のカップルとどちらかの両親というメンバーでした。

フィジーに来る外国人は中国人が多いとは聞いていましたが、やはりその通りのようです。

受付も済み、一通りの説明を聞いた後、部屋に案内されました。英語は分かりやすく話してくれるのでなんとかなりそうです。

続く