フィジー旅行記 8 マタマノア・アイランド・リゾートを散策

散策の前にティータイム

マタマノアでは16時からティータイムがあり、コーヒーや紅茶とともにちょっとしたお菓子が用意されています。

場所はいつものレストランです。ここにお菓子の飲み物が用意され、セルフサービスで取り、プールサイドでいただくというシステムになっています。

昨日はちょうどこれくらいの時間に到着し、受付での説明や、部屋への案内を受けているうちに終わってしまっていたので、残念ながらティータイムに参加できませんでした。

今日はこの時間を楽しみにしていました。

ピントがぼけてしまいましたが、カラフルで小さなケーキです。日本と違って結構甘いケーキなので、少しで十分です。

今日は昼ごはんを食べていないので、空腹を満たすことができました。また、プールサイドで海を見ながらお茶をするというもの気持ちがいいです。

スポンサーリンク

マタマノア・リゾート内を散策

次に、リゾート内を散策です。マタマノア・アイランドは大きくないので10分もあれば端まで歩くことができます。

バーの横にあるライブラリ。落ち着いた感じの調度品で、チェスも置いてあります。

小高い丘に向かう階段から海を見ると、海岸から見るのとは違う海に見えてきます。

歩道はきれいにしてあるので、歩いていても気持ちがいいです。道端にはきれいな花が咲いています。

赤い花も南国っぽくてきれいです。

さらに上に上ると、視界が開けてくるので遠くの島も見えてきます。風が気持ち良いです。

マタマノア・アイランドの中央部は小さな山になっています。上から見ないとリゾートがこのような地形になっているということに気がつかないかもしれません。

木が多いので鳥が元気に鳴いています。朝は鳥が目覚まし時計の役割をしてくれるくらいです。

一番高いところからの眺めです。360度視界が開けている絶景です。素晴らしい景色です。

海の色がグラデーションのようになっていてとてもきれいです。

見えている建物がレストランやバーです。遠いのでちょっとズームにしないと写真に納めることができません。

海だけではなく木や山の自然も楽しめるのがマタマノアの良いところです。きれいな景色を見ることができ、楽しい散策でした。

2回目のシュノーケリングへ

こちらは日本と違って日が長いです。夕食までの時間、もう一回シュノーケリングに行くことにしました。

場所は1回目にシュノーケリングをした場所まで、海岸沿いに歩いて時間を短縮しました。海の中を泳いでいくより体力の消費も少なく済みます。

まだ外は明るいとは言え、昼間の光とは違うので、水中もやや暗めです。

波の勢いが段々増しており、昼間と比べるとなかなかの悪条件です。沖にいかないように気をつけながらのシュノーケリングでした。

悪条件に苦しみながらも1時間くらい海の中にいました。それなりにきれいな魚を見ることができたので、満足です。

そろそろ夕食の時間です。

続く。