名古屋 新栄のフランス料理店「壺中天」でランチ さすがのクオリティでした

スポンサーリンク

フレンチレストラン 壺中天(こちゅうてん)

名古屋で有名なフランス料理店「壺中天」、ずっと行きたかったレストランにようやく行くことができました。

場所は名古屋市営地下鉄東山線の新栄駅からすぐ。ヤマザキマザック美術館の地下2階にあります。

ランチのコースは3種類あります。

Menu A 5,000円
Menu B 6,500円
Menu C 9,000円

Menu Aはメインを魚か肉からの選択
Menu Bはメインが魚と肉の両方
Menu Cは前菜と肉料理を選択することができます。

せっかくなので魚と肉のコースをいただきました。

アミューズ・ブーシュ

メニュー名は記載がないので正確には分かりませんが、アボカドのムースに鱒の卵が乗ったものとエビのだしを使った茶碗蒸しのようなものです。

どちらも美味しく、これから出てくる料理への期待が膨らみます。

前菜

前菜は「ジャガイモとポワローのポタージュ カプチーノ仕立て 牡蠣のポッシェと共に」

ジャガイモのポタージュスープですが、具材がすごいです。大ぶりの牡蠣とホタテした。殻から取りたての牡蠣とホタテとのことで新鮮でとても美味しかったです。

魚料理

本日の魚料理は金目鯛のソテーです。ターメリックを使ったソースで、これがとても良く合っており絶品でした。

肉料理

肉料理は「渥美うまみ豚のロティ」です。

低温でじっくり火を入れたとのこと。分厚い豚肉でしたが、柔らかくてきめ細やかな味わいのある豚肉でした。調理時に豚肉から出た脂を使ったソースも美味しかったです。

デザート

1つ目のデザートはりんごのアイスと紅茶のゼリー

メイン料理で濃厚になった口がさっぱりしました。そして次に出てきたのが、フォンダンショコラとキャラメルアイスクリームです。

フォンダンショコラは大好きなので嬉しい一品でした。キャラメルのアイスクリームも美味しく、コースの最後を飾るのにふさわしいデザートでした。

小菓子

最後は小菓子と紅茶をいただき、壺中天のランチコースは終了。評判通りの美味しさでした。またすぐにでも来たくなるような高いクオリティのレストランでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする