「紅蘭亭」で熊本名物 太平燕(タイピーエン)を食す

スポンサーリンク

熊本のご当地グルメ「太平燕」

熊本名物の太平燕を食べに「紅蘭亭」に行ってきました。

調べたところ、太平燕と言えば紅蘭亭というくらい有名なお店らしいので、紅蘭亭に決めました。

13時半過ぎだったので、すんなり入れるだろうと思っていましたが、なんとこの時間でも並んでいる人がいました。

10分少々待って入店できました。正午近くだったら、もっと大変なことになっていたかもしれません。

ランチメニュー

目当ては太平燕だったのですが、ランチメニューで太平燕が含まれているものがあったので、太平燕単品ではなくセットメニューにしました。

中華定食 1,200円

中華定食という太平燕と酢排骨が食べられるメニューを選びました。

太平燕、酢排骨、小鉢、ザーサイ、おかゆがついているメニューです。ご飯とおかゆはどちらかを選ぶことができます。

太平燕

こちらが太平燕です。白いスープにたっぷりの野菜やきくらげ、卵、えびが乗っています。

春雨で作られた麺なので、ラーメンと比べるとかなりライトな感じでヘルシーです。スープもあっさりめで美味しいので、ついつい飲みすぎてしまいます。

酢排骨

酢排骨と書いて、スーパイコと読みます。分かりやすく言えば酢豚でしょうか。

お粥

お粥を食べると中華を食べてるなと感じます。ご飯を選ぶことができましたが、せっかく太平燕がヘルシーなので、お粥にしておきました。

小鉢

紅蘭亭の感想

太平燕を食べるのは初めてだったので、本場の名店で食べることができ良かったです。特別感はありませんが、ヘルシーなのに美味しいというところ良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする