名古屋市千種区のフランス料理 l’adour(ラドゥール)のクリスマスディナー

スポンサーリンク

覚王山のフレンチレストラン l’adour(ラドゥール)

名古屋市千種区にあるl’adour(ラドゥール)のクリスマスディナーに行ってきました。ラドゥールに行くのは今回が初めてです。

l’adour(ラドゥール)について

IMG_3056.JPG

最寄り駅:地下鉄東山線の覚王山駅で、駅からは徒歩10分弱です。
駐車場:2台あります。それ以外にもお店近くにコインパーキングがあります。
席数:4名座れるテーブルが1つと2名用のテーブルが6つありました。テーブル間の距離はやや狭めかなと思います。
タバコ:もちろん禁煙です。

ラドゥールのクリスマスディナー

お店の外にはクリスマスツリーが飾られていました。このような雰囲気作りはよいですね。

IMG_3057.JPG

AMUSE

フレッシュフォアグラのブリュレ

IMG_3058.JPG

最初のアミューズがフォアグラのブリュレです。最初に来たこの料理は結構意表をつかれました。フォアグラをブリュレにしたものですが、濃厚で美味しかったです。

ジャンボン ド バイヨンヌ

IMG_3059.JPG

美味しい生ハムでした。

Entree

ズワイガニとナスのガトー仕立て カニみそのソース

IMG_3063.JPG

カニとカニ味噌には目がないので、これはうれしい一品でした。

Deuxieme

ブイヤベース トラディショナルスタイル

IMG_3064.JPG

ブイヤベースです。トラディショナルスタイルということですが、もうちょっと具が充実していると良いかなという印象を受けました。

Poisson Specialite

山口県産黒鮑のソテー 肝とエピス

IMG_3067.JPG

アワビのソテーと肝とスパイスのソースという組み合わせで変わっているなと思いました。美味しかったのですが、アワビが立派だったので、もっとストレートにアワビの美味しさを生かしても良いのかなと思いました。

Viande Specialite

奥美濃古地鶏のガランティーヌ イタリア産黒トリュフの香り

IMG_3068.JPG

これが一番驚いた料理でした。地鶏のモモ肉と、胸肉のムースで成形した料理です。ムースは美味しかったのですが、メインとしてはちょっと物足りなさを感じました。                          

前菜として出てきてもおかしくないくらいあっさりとしたメイン料理です。良く言えばとてもヘルシーな料理です。

Dessert

季節のデザート

IMG_3071.JPG  IMG_3072.JPG

モンブランとカシスのアイスクリームとミルクのアイスクリームが3層に合わさったデザートです。これは美味しかったです。栗の濃厚な味とアイスクリームの冷たい食感が絶妙にマッチしていて、とても良い組み合わせだと思いました。

感想

それぞれの料理が工夫されていて、他のお店とは違う料理を食べることができました。ただ、クリスマスディナーらしさには少し欠けるような気がしました。ブイヤベースとメインの肉料理がちょっと弱いかなと思います。

クリスマスディナーの料金10,800円には十分相当する料理だとは思いますが、それ以上の強いインパクトは受けませんでした。とは言っても美味しいフランス料理を食べることができました。