ネパール旅行記 4 オーストラリアンキャンプ その2

スポンサーリンク

エンジェルゲストハウス(Angel guest house)

カンデから歩いた2時間。その間は全然ヒマラヤが見えなかったのですが、宿泊先であるエンジェルゲストハウスに着くと、いきなり山々が見えてきました。

特にマチャプチャレがどーんと目の前に現れて、かなりの衝撃でした。雲がマチャプチャレの部分だけ無くて、それも不思議な感じがしました。

ヒマラヤンフロントホテルやサランコット展望台からは見えないのですが、ここから見るとマチャプチャレの先端が魚のしっぽのように見えます。マチャプチャレは魚のしっぽという意味らしいのですが、ここで見て初めてなるほどなと思いました。

着いた頃はちょうどこれから夕日が沈むころの時間帯で少し冷えてきました。宿から紅茶を出してくれたので、体が温まりました。

夕陽が当たるヒマラヤです。昨日も見たのですが、ここで見る方がずっと近くに見えて、こちらの方に迫ってくるような迫力を感じました。

その山々が一面に広がっていて、今まで見たことのない景色を見ることができました。

陽が沈むのはあっという間で、沈むと急に気温が下がってきました。

部屋はコテージタイプで、思っていたよりもきれいでした。シャワーのお湯は出るのですが十分な熱さではありません。シャワーを浴びましたが、体は冷えてしまいました。

お湯は出ないと思っていたので、こんな山でシャワーを浴びることができただけでもましだと思いました。


陽が暮れてから月が出てきました。弱い光ですが月が山々を照らしていました。

夕食はバイキング形式でした。野菜、スープ、鶏肉、焼きそばなど、どれも結構おいしいです。

長い距離を歩いてきてお腹が空いていたので、より美味しく食べることができました。

真っ暗になっても山が綺麗に見えていたので、寝てしまうのがもったいなかったのですが、次の日もあるのでしばらく見てから眠りにつきました。

エンジェルゲストハウスでの日の出

今日も5時起床。ずっと朝早く起きているので自然に目が覚めました。まだ暗いですが、日の出を見るために外に出ました。やはりかなり寒いです。

日の出が出る前ですが、次第に明るくなってきました。

そしてついに日の出が見えてきました。赤々としてまぶしく、とてもきれいです。

朝のヒマラヤは空気が澄んでいて、よりきれいに見えました。この山々を眺めながらトーストなどの朝食をいただきました。

山を見ながらの食事はとても美味しく、気持ちが良かったです。

楽しい時間はあっという間に過ぎます。残念ながら下山の時が来ました。行きと違い、帰りは山を見ながらの行程なので歩いていてもより楽しいです。

雲一つない青い空で、最高の気候、最高の景色です。目に焼き付けながら下っていきました。

段々と近くに見えていた山が遠くになっていきます。気温が上がるにつれて雲も出てきています。

これで2日にかけて行われたオーストラリアンキャンプは終了です。楽しい経験ができました。