湯布院で豊後牛まぶしの豪華ランチ

スポンサーリンク

由布まぶし心

別府滞在中、バスで湯布院にも行ってきました。路線バスで約1時間くらいなので、景色を見ながら乗っているとあっという間に到着します。

湯布院について驚いたのが観光客、特に外国人の多さ。別府でも同じことを思いましたが、湯布院はそれ以上に感じました。

食事に関しては事前に調べておらず、現地で決めるつもりでこちらに来ました。

バスセンターの近くでまず見つけたのが豊後牛まぶしの店「心」。これから金鱗湖という湖までの通りを歩いていくのですが、他に良いところがなければここにしようと思っていました。

通りには色々なお店がありましたが決め手に欠ける感じでした。金鱗湖をぶらっと回って駅まで戻ろうかと思ったところ、お客さんで賑わうお店がありました。

ここがなんと最初に目をつけていた「心」の金鱗湖本店でした。バスセンターの近くにあったのは駅前支店でした。

時間に区切りがありましたが、今なら入れるということだったので、この店に決めました。

メニュー

メニューは3種類

・豊後牛まぶし
・地鶏まぶし
・鰻まぶし

地鶏まぶしの写真が美味しそうで魅かれましたが、ブランド牛の豊後牛を優先して豊後牛まぶしにしました。

料理が来るまで、まぶしの食べ方を読んでおきます。ひつまぶしの食べ方と同じですね。

牛まぶしに合わせて食べる調味料なども豊富です。

豊後牛まぶし

牛まぶしが来る前に前菜が来ました。

このような和の総菜は好きなので、うれしかったです。ちょっとずつ多くの種類という所も良いです。

さて、いよいよ豊後牛まぶしの登場です。

器の中にはつやつやした豊後牛がありました。とても美味しそうです。

思っていたよりも牛肉の量がしっかり入っています。なかなかのボリュームです。

指南書通りに3種類の食べ方でいただきました。自分の好きな薬味と一緒に食べる2杯目の食べ方が一番良かったです。

出汁と一緒に食べるのはせっかくの豊後牛の味が薄まってしまうようでもったいない気がします。

美味しいブランド牛をたくさん贅沢に食べることができ、大満足です。これを食べただけでも大分に来た甲斐がありました。

ただ、ボリュームがありすぎて、その後通りのお店で食べようかと思っていたコロッケやスイーツはおなかいっぱいで食べられませんでした。