美濃加茂のおいしいイタリアンカフェレストラン「Docilita Casalinga」

スポンサーリンク

Docilita Casalinga(ドチリタ カサリンガ)のランチ

美濃加茂市にあるイタリアンのカフェ「Docilita Casalinga」に行ってきました。名古屋から高速を使って約50分と結構時間はかかったのですが、その甲斐あって美味しいランチを食べることができました。

Docilita Casalingaの基本情報は以下の通りです。

住所:岐阜県美濃加茂市山之上町487-1
電話番号:0574-42-8030
定休日:日曜日/第2、4月曜日
営業時間:12:00~14:00、18:30~20:00

お店の場所は美濃加茂市なのですが近くに駅がないので、車で行くのが便利でしょう。

周りは畑に囲まれていて、見晴らしの良いところです。のどかな雰囲気が落ち着きます。

Docilita Casalingaのランチメニュー

ランチメニューは、

  • 本日の一皿
  • 自家製パン
  • 前菜
  • パスタ

という構成になっていて、追加でメイン料理やデザート、ドリンクを注文することもできます。

ランチの価格は1,400円です。

前菜やパスタは選択肢がいくつかあり、一つずつ選んでいくのですが、どれも美味しそうなので結構迷います。

本日の一皿

本日の一皿は、「ビーツと自家製サラシッチャのミネストローネ」です。

ビーツもサラシッチャもたくさん入っています。ミネストローネの味も素晴らしく、美味しいスープでした。

自家製パン

スープに続いて自家製パンがまた美味しかったです。

Docilita Casalingaのランチタイムは12時からで、開店時間に店に入ったので、焼いたばかりのパンを見ることができました。真ん中に円形のものが切り分ける前のパンです。

上と下の面がカリッと焼かれていて、真ん中の部分はふわふわです。焼き立てということもあり、さらに美味しく食べることができました。

前菜

前菜は3種類からの選択です。

  • 鱈の白子のパデッラ 12年ものバルサミコのドレッシング
  • イワシのマリネとキハダマグロ、ホタルイカのサラダ
  • スペイン産ウズラのフリット

どのメニューも美味しそうなので、全部食べたくなります。

鱈の白子のパデッラ 12年ものバルサミコのドレッシング

「鱈の白子のパデッラ 12年ものバルサミコのドレッシング」です。パデッラというのはイタリア語でフライパンという意味だそうです。確かにフライパンで焼いて調理をしていました。

とても香ばしい匂いがします。思っていたよりも大きくて立派な白子です。これは期待が膨らみます。

表面はこんがり、中はトロっとしています。濃厚でとても美味しい白子です。バルサミコソースが白子にぴったり合います。

イワシのマリネとキハダマグロ、ホタルイカのサラダ

「イワシのマリネとキハダマグロ、ホタルイカのサラダ」です。

こちらの前菜はシンプルに素材が美味しいです。肉厚のイワシが特に美味しかったです。

パスタ

パスタは5種類からの選択です。

  • 水菜のアーリオオーリオ カラスミ風味
  • トマトソースのスパゲティ
  • パルミジャーノチーズと黒胡椒 温泉卵添え
  • 子牛ラグーのコッポローネ
  • フランス産キノコとアサリのリングイネ

子牛ラグーのコッポローネはプラス600円、フランス産キノコとアサリのリングイネはプラス500円です。

水菜のアーリオオーリオ カラスミ風味

「水菜のアーリオオーリオ カラスミ風味」です。カラスミが効いていて、美味しいアーリオオーリオでした。

パルミジャーノチーズと黒胡椒 温泉卵添え

「パルミジャーノチーズと黒胡椒 温泉卵添え」です。

パルミジャーノチーズとオリーブオイルがたっぷりかかっています。

まずはそのまま食べて、それから温泉卵を溶いて食べました。2種類の味のパスタを食べたような気分になります。どちらも美味しいです。

Docilita Casalinga(ドチリタ カサリンガ)の感想

どの料理も美味しくて大満足でした。メイン料理も食べたかったのですが、おなかがいっぱいになってしまいました。

美濃加茂は遠いのですが、また来て色々なメニューを食べてみたいです。