大分観光 バスで別府の地獄めぐり その1

スポンサーリンク

別府温泉 地獄めぐり

亀の井バスの1日ミニフリー乗車券を利用して地獄めぐりをしました。

フリー乗車券にはミニとワイドがあり、地獄めぐりをするにはミニで十分です。湯布院など遠方に行く際にはワイドフリー乗車券が必要です。

1日ミニフリー乗車券は900円です。地獄めぐりと明礬温泉に行く予定なので十分に元をとることができるため購入しました。

地獄めぐりは2か所に分かれています

別府の地獄めぐりは大きく分けて2か所に分かれています。

血の池地獄と龍巻地獄のある亀川地区
海地獄、鬼石坊主地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄のある鉄輪地区
です。

どちらの地区もバス停があり、そこから徒歩で地獄めぐりができるのでバスで行くのが便利です。

また、全ての地獄に入場できる切符もあります。これを購入したほうがその都度入場券を購入するよりもお得です。

観光案内所にあった地図に10%割引券がついていたので、2,000円のところ1,800円で購入することができました。

北浜バスセンター近くのバス停から乗って血の池地獄、龍巻地獄のある亀川地区に移動します。

血の池地獄

観光客がたくさん降りるので降りるべきバス停も分かりやすいです。まず龍巻地獄に行ったのですが、間欠泉が吹くのが20分くらい後だから、先に血の池地獄に行ったほうが良いと勧められたので、血の池地獄を先に行くことに。

入口にあった血の池地獄の看板。赤い字で書かれた血の池地獄という文字がおどろおどろしい感じを出しています。

中に入ってお土産屋さんを通り、外に出ると沸き立つような湯気を出している赤い池が目に入りました

近くで見ても確かに赤いです。不思議ですね。

奥の階段を上ったところにある展望台から見る血の池地獄。赤い色と湯気がいかにも熱そうです。

売店には血の池軟膏などの皮膚に良いとされる商品が売っていました。結構買っていく人がいたので、評判の良い商品なのでしょうね。

龍巻地獄

続いて隣にある龍巻地獄に戻ります。

7つの地獄のうち4つが国指定名勝となっており、血の池地獄と龍巻地獄はどちらも国指定の名勝です。

龍巻地獄は間欠泉が吹いていないと何もないのですが、いざ間欠泉が吹き始めると、

すごい勢いで温泉が噴き出します。石で囲われていないと何十メートルと吹き上がるそうです。

吹いている間は湯気がもうもうと立ち上がり、離れた場所にいても暑さを感じるくらいです。

吹き終わると何事もなかったかのようにピタッと止まります。本当に不思議です。

バスで鉄輪地区に移動

亀川地区にある血の池地獄と龍巻地獄は無事制覇したので、次は5つの地獄が集まっている鉄輪地区に移動します。

別府のバスはやや遅れ気味に来ることが多く、この時も12分遅れてバスが来ました。

続く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする