メルボルン&タスマニア 1か月間の旅行記 その3(ヤラバレーワイナリー編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2月7日 ヤラバレーワイナリー 1日ツアー

このツアーを選んだポイント

今日はヤラバレーにあるワイナリーをめぐる一日ツアーに参加しました。

ヤラバレーのツアーを検索すると多くのツアーが出てくるので、どれを選ぶか迷ってしまいます。

ツアーを選ぶ際に決め手となったのは、レストランでランチを食べることができるということです。以前、ワイナリーツアーに参加したときは食事がなくて、やや物足りない感じもしたからです。

今回のツアーはエイチ・アイ・エスのサイト経由で申し込んだ、

【AUSTRALIAN WINETOURS】英語でワイナリーツアー(レストランランチ付き)

というツアーです。

日本語のワイナリーツアーもあるのですが、日本語だとランチ付きというものがないので(軽食付きはありましたが)、英語という点は妥協することにしました。

4箇所のワイナリーをまわり、そのうちの1箇所でランチを食べるというツアーです。

今回行ったワイナリーは、

・YERING FARM

・SOUMAH

・DOMAINE CHANDON 

・HELEN & JOEY

の4箇所です。

YERING FARM

YERING FARM では最初にガイドのGerryさんから、テイスティングについての説明があり、その後にワイナリーの人からそれぞれのワインについての説明がありました。

英語力のない私にはまったく聞き取れませんでしたが、日本語のIPodがあるのでテイスティングについてはそれを聞いて理解しました。

こちらでは3種類の白、1種類のロゼ、3種類の赤、デザートワイン、アップルサイダーのテイスティングをしました。

最初から美味しいワインをこんなにたくさん飲むことができて幸せです。

3種類の白ワインがどれも美味しく、特に「Farmyard Series ‘Run Rabbit run’ Chardonnay 2016」が美味しかったです。

SOUMAH

2つ目のワイナリーは「SOUMAH」

こちらではテイスティングの後、ランチが予定されています。4種類のメニューから選ぶことができ、羊のローストを選びました。

テイスティングしたワインから好きなものを1つ選び、ランチの時に食事と一緒に飲むことができます。

ワインは食事に合わせて「The Butcher」という赤を選びました。羊のローストが絶品でめちゃくちゃ美味しかったです。

テイスティングして選んだ赤ワインともよく合い、最上級のランチを食べることができました。

DOMAINE CHANDON

ドメイン・シャンドンはフランスの「モエ・エ・シャンドン」がメルボルンに開いたワイナリーです。

こちらでは4種類のスパークリングワインから1種類選び、それをテイスティングしました。

白2種、赤1種、ロゼ1種の中からの選択で、赤は珍しいなと思いましたが、無難に白を選びました。

ワイナリーの素晴らしい景色を見ながらのテイスティングです。

ドメインシャンドンに限らず、今回訪問したワイナリーはどこも景色や雰囲気が素晴らしいです。

HELEN & JOEY

最後に訪れたワイナリーが「HELEN & JOEY」、こちらでも数種類のワインを試飲。最後となると名残惜しいです。

このワイナリーツアーは特に買うことを勧められたり、強制されることはありません。試飲だけで十分です。

今回参加したのは15人くらいでしたが、購入する人はいませんでした。気軽な感じで良かったと思います。

 

HELEN&JOEYを後にし、メルボルン市街に戻りました。

美味しいワイン、食事、素晴らしい景色、一日満喫できました。夢のような一日です。

メルボルンに来たら、ワイナリーツアーにぜひ参加することをおすすめします。

今日の食事

朝:宿
昼:ワイナリーツアー
夜:宿

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オーストラリア海外旅行記
wpmasterをフォローする
よちょのトラグル(Travel&Gourmet) ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました